2017年11月23日木曜日

漠然とした不安

 
こんにちは。
まだ11月だというのに、冷たい雨が降って1月並みの寒さだそうです。
こんなお天気だと、気分が上がらないですね。
 
今日は、はたから見れば何が不満?というようにみえる不安についてのお話です。
 
人生も60年あまり過ぎてくると、
若い時とは違った思いに駆られるようになることがあります。
 
それまでは結婚して子どもを設け、子育てに必死だったり、
仕事に打ち込んであっという間に時が経ったりした方も、
子どもが成人して独立したり、仕事も定年になることで、大きく一段落します。
 
それは本当に嬉しいことであり、安心出来ることなのですが、
一方で役目を終えた寂しさや世の中から必要とされていないような疎外感に
さいなまれる方も多いのが現実です。
 
さあ、これからは自分の時間よとばかり、趣味の時間を増やしたり、
健康保持のためにいろいろ始めたりしても、
なぜか心が満たされず、
理由のない不安な気持ちに襲われたりします。
 
生活に困らないばかりか、ある程度の余裕のある暮らしをしているし、
子供達もそれぞれ幸せに暮らしているし、
どこといって悪い病気や辛い身体症状があるわけでもないのに、
なぜか、急に胸が苦しくなったり、どこにも出掛けたくなかったり、
食事の仕度や家事が面倒で何もやる気がしないなど・・・。
 
自分でもわけが分からないけど、
どうしようもない状態です。
 
夫や子どもに話しても分かってもらえないだろうことが分かる、
そんなやり場のない不安を抱えがちなのが60代や70代と言えるかも知れません。
 
発達心理の見地からいうと、この年代は人生の達成感を味わいたい時期で、
今まで培ってきたものや経験してきたものを、
次の世代にバトンとして渡せることに歓びと意義を見出す年代と言えます。
 
バトンは自分の子どもや会社の後輩、全く他人の次世代の若者など、
だれに引き継いでもいいのです。
 
それがお金に換算されることには重きを置かず、
自分の生きてきたことが活かされることそのものに意味があるのです。
 
よく、定年後は生きがいをもちなさいとか、
子育て後の空の巣症候群にならないように趣味をもちなさいとかいわれますが、
何をしても不安な気持ちがぬぐえない時や、
意味や生きがいを感じられないときは、
ご自分の人生を振り返り、慈しみ、自信を持って、
何をしたら充足感をもつことができるのか考えていただけたらと思います。
 
自分に何が出来るのか、
もう若くはない、若い時のように動けないなどと、ないことばかりに注目せず、
今、あるものや出来ること、若い時期にはなかったものやできることに気づいて、
活かせる道がみつかるといいですね。
 
カウンセリングルームでは、そんな四方山話のようなお話の中から、
徐々にご自分を見出していかれる方もいらっしゃいます。
 
あいまいもことした不安、
それを吐き出しに、どうぞいらしてください。


2017年10月28日土曜日

瞑想の効果

 
こんにちは。
今日も何だか寒いですね。
 
毎日、お天気も心模様もすっきり晴れ晴れというわけにはいかないのが人生。
晴れの日もあるけど、曇りの日も雨の日もあります。
そして、今日みたいに10月末だというのに台風の影響を受けたり・・・。
 
四季の感覚とはずれて、寒かったり暑かったりもしますよね。
 
自分の思い通りにはならない時、
何だかもやもやして考えがまとまらない時、
自分の意見や考えが、人と対立している時など、
少し心を落ち着け、自分自身と向き合うことが必要です。
 
そんな時、オススメなのが瞑想です。
 
椅子に腰掛け、床にしっかり足がついている状態で、
膝の上に手のひらを上にして、手を置きます。
 
目をつぶり、額の上の方を意識して、そこから天のエネルギーを取り込みます。
エネルギーを上手に取り込めた人はそのエネルギーが体の中に入って、
首から肩、肩から手の先へとじわーっと何かが流れるのを感じるでしょう。
 
そのエネルギーを体の中心にも通して、そのまま足の裏から地球の真ん中へ。
地球の地軸にフックをかけるつもりで、地球の奥底を意識し、
また、引っ張り上げるようにエネルギーを足裏から戻し、体を巡らせます。
 
そうして、エネルギーに満たされた状態で、静かに目をつぶって、
今悩んでいること、モヤモヤしていることなどを、自問自答します。
 
瞑想しながら、雑念も次から次へと湧き上がって来るかも知れませんが、
そのまま、それを流していく内に、
ぽっかり、新たな答えが降りてくることがあるのです。
 
心を鎮めて、ゆっくりした時間の流れの中で、
考えるとも感じるともなくいる内に、自然に導かれる感覚です。
 
無の境地などといいますが、人間、そんなに簡単に無にはなれないのです。
雑念と煩悩と私利私欲と・・・みたいなものにまみれているのが人間です。
 
それでも、静かに目をつぶり、
天からのエネルギーが体に満ちるのを感じながら瞑想するとき、
私はジュニアと呼んでいるのですが、もうひとりの自分、
ハイヤーセルフとも魂ともいえる高次の自分が何か示唆を与えてくれるのです。
 
私のカウンセリングは、決して、スピリチュアルなものではありませんが、
平たくいうと、もうひとりの自分を上手に育てて、
自分を客観視できるようになりましょうと提唱し、
ジュニアを育てるお手伝いをしているようなものなのです。
 
自分を客観的にみつめるという行為はなかなか出来そうで出来ないものですが、
そんな時、瞑想はいい方法だと思います。
 
 


2017年10月22日日曜日

福利厚生倶楽部に登録

 
こんにちは。
皆様、いかがお過ごしですか。
 
このブログも開店休業状態で、月日は流れてしまいました。
2017年も10月下旬。
あと2ヶ月と少しで今年も終わってしまいますね。
 
 
さて、この度、新しいサービスに参加することになりましたので、ご報告です。
 
福利厚生倶楽部という大企業を中心として、
会社の福利厚生の一環として、各種サービスを受けられるグループの
サービス提供者の一人として、登録させていただくことになりました。
 
福利厚生倶楽部
 
昨今、有名企業での過重労働による自殺者が相次ぎ、
ニュースを賑わしたことは記憶に新しいと思います。
 
日本の働き方改革が叫ばれ、
負荷の高い労働条件の改善や、
社員の肉体的のみならず精神的な健康を損なわないための職場環境などが
求められています。
 
そこで、心理カウンセリングのような精神的なケアに関しても、
会社の福利厚生のひとつとして、提供しようということが決まりました。
 
その提供者の一人として、当カウンセリングが選ばれましたので、
少しでも皆様のお力になれればと考えております。
 
心理カウンセリングは、日本での認知度もまだ高いとは言えませんし、
いざ、誰かに相談にのって欲しいと思っても、
どこへ行けばいいのやらと考えてしまう方がほとんどではないでしょうか。
 
このストレスの多い社会です。
目下、悩みを抱えて暮らしているあなた、
一度思い切って、カウンセリングを受けてみませんか。
 
安心・安全な場所で、守秘義務のあるカウンセラーに話すことで、
モヤモヤがスッキリしたり、自分の考えが整理出来たり、
歩み出す道が拓けたりするでしょう。
 
ぜひ、少しの勇気を出して、
ドアをノックしてください。
 
お待ちしております。
 


2016年9月4日日曜日

空椅子に向かって、幼い自分に会いに行く

 
通常のセッションでは認知行動療法を用いて、カウンセリングを行うことが多いけど、、
クライエントさんの状態によっては、『空椅子の技法』という心理療法を使うことが、
時々ある。
 
『空椅子の技法』とは、
自分がまだ未完のまま整理できていない感情や、
子どもの頃のモヤモヤした思いや寂しさ、
言いたいことを言えずにきてしまった相手、
自分の中の対立する考え、体の痛みなどを、
目の前の空の椅子に座らせて話かけることで、
思い切り感情を表に出したり、相対する気持ちや考えを比べたりする技法である。
 
その結果、何かに気づくことも多いのだが・・・。
 
ここのところ、幼少期の自分に会いに行くために『空椅子の技法』を使うことが多く、
どのクライエントさんも上手に時空を遡り、
小さい頃の自分に会うことができている。
 
初めて『空椅子の技法』のことを説明すると、
誰しも懐疑的な表情を浮かべ、
「そんな恥ずかしいことできるかしら」
「人前で泣いたり、いない人に向かって話したり、大丈夫かしら」
みたいな心配を口にする。
 
「駄目なら駄目で気にしないで」と言って、試しにやってみることにすると・・・。
 
意外や、上手に幼い頃に遡ることが出来、
まずは涙が溢れてくる。
 
言葉が上手にでてくる必要なんてない。
演じているような気分がしてしまっては、本当の自分じゃない。
 
その押しとどめようもない涙を流すことこそが大切なのだ。
 
いろいろ我慢するのは体に毒よ。
 
溜めて溜めてストレスでがんじがらめになってしまわないよう、
カウンセリングには『空椅子の技法』なんていう方法もあるのだと、
どこか心の端に留めておいていただけると嬉しいです。

2016年8月22日月曜日

空椅子に座るふたりの少女

 
心理療法のひとつで「空椅子の技法」という技法がある。
 
実際には目の前にいない人、亡くなってしまっている人、
幼い頃の自分、
自分の体の痛み、自分の中で対峙する考えなどを、
空の椅子に座らせ、話すというものだ。
 
本人は目の前にはいないので、そんなことできるのと思われがちだが、
気持ちを集中して、空の椅子と対峙してみると、
不思議とそこに会いたい人が立ち現れる。
 
現れてこないときはその会話はまるで演劇部の練習のように
空々しいものになってしまうが、
うまくスッと意識が溶け込むと、目の前にその人が見えたり感じられたりする。
 
そして、決して言えなかったことを伝えてみたり、
相手の本音を聞いたりすることで、
未完了のものを完結させ、受け入れることが出来るようになる。
 
私の立場はファシリテーターなので、
どんな展開になるのか期待したり、想像したりして臨むことは許されず、
クライエントさんが本当に会いたい人に会えるよう、
ナビゲートするだけだ。
 
そこで、うまく会えていても会えていなくても、無理強いしてはならないので、
自然に会えることを待つ。
 
今日もそうしたクライエントさんが小さな時の自分に会いに行った。
 
するとおもしろいことに同時に4歳と小学校2年生ぐらいのふたりの自分が現れた。
 
一度にふたり、
つまり、過去の自分が、時期の違う形で同時にそこにいるのだ。
 
どちらからでもいいから、大人の自分が話しかけるよう促してみた。
すると話しかけられた小さい方の女の子の気持ちが伝わってきたのか、
みるみる涙が溢れた。
 
幼い頃、ずっと同じ恐怖と悲しみを抱いて暮らしていたせいか、
まるで姉が妹をかばうように、
言葉でうまく説明できない幼子のためにお姉ちゃんが側にいるようだった。
 
空椅子の技法を用いる時には
うまくいったとか、今日は駄目だったとか、思わないようにしているのだが、
今日のケースはこのセッションの不思議を垣間見た思いがした。
 
あえて、理由付けしたり、解釈を加えたりせず、
時折、空の椅子に誰かを座らせて、話してみる。
 
思わぬ言葉が自分の口から飛び出して、
ビックリしたり、何かに気づいたり・・・。
 
そんな「Little SATORI」を空椅子の技法は目指している。
 


2016年7月11日月曜日

『家系図カッター』 著者の心の闇

 
私が好きなテレビ番組のひとつが、土曜の夜10時からEテレでやっている
「スイッチインタビュー」である。

一昨日のゲストは歌手の平井堅と、アートディレクターの増田セバスチャンだった。

増田セバスチャンに関してはよく知らなかったが、
きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクションをした人と聞いて
「そうか」とただちに理解した。

世界に『KAWAII』を発信した、産みの親だ。

原宿に『6%DOKIDOKI』というショップを開いて、
ある種の若い女の子達に圧倒的な支持を得ている人だということも知った。

そのいかにもアートディレクターといった風貌の45歳の男性の生い立ちや
成功までの道筋を事細かに記した自叙伝ともいうべき本が
「家系図カッター」である。

その中で、氏は「自分は生涯、決して子孫を残すつもりはない。
自分を産んだ親のことや家庭環境を考えたら、
その血筋を残すことがあってはならないと考えている」と断じている。


あの華やかで可愛い世界の作り手の向こう側に何があったのか。
凄く興味を引かれ、
私は昨日、テレビで紹介された「家系図カッター」を買いに書店に走った。
そして、一気に最後まで読んだ。

自身も分かっているようだが、彼はアダルトチルドレンである。

ネグレクト(育児放棄)に近い料理を全くしない母親。
秘密裏に離婚届を勝手に出し、できちゃった婚で中国人女性と家をでた父親。
リストカットや服毒自殺未遂をくりかえす妹。

そんな家庭環境の中で、心に傷を負った少年は自分の居場所を求めてさまよう。

リアルに吐かれたその内容が、
原宿のお店やきゃりーぱみゅぱみゅの世界観と離れていればいるほど、
切なく何かを訴えかけてくる。


私の元には「なぜか先のことを考えると心配で心配で・・・。
考えただけでトラウマがよみがえって、声が震えて話せない自分がいる」などと
訴えてくる人がいる。

母親との諍いが絶えず、
何をやっても何を言っても、なぜか悪い結果を招いてしまうという人も。

現実には自分の家族や友達とはうまくやっているのに、
ひょんなことから、幼い時の自分がよみがえるのか。

自分の幼い娘にも
母親から受けたと同じことをしてしまうかもしれない恐怖があるという。

何かをしようとしたときに決まって思い出す母親からの叱責。
見下した視線。

幼い時におびえた感情が堰を切ったように溢れて、涙になってこぼれ落ちる。

様々な様子を見せる彼女達は、皆、心に空虚な穴を抱えている。

増田セバスチャンの場合はその事実を全部、本という形に吐露することで、
クリエイター生活15年の時に、一度、区切りをつけたかったという。

現在は20周年を迎え、ますますメジャーになり、
世界を舞台に自身の世界を発信できるようになり、認められている。

同じような家庭に育った女の子達が、なぜか自分の周りには集まってきてしまうと
氏は本の中で嘆いているのだが、
それはある意味当然のことで、
鋭い嗅覚で彼女達は理解者を探し、癒しを求めている。

どこかで自分と向き合い、
得られなかったものを嘆き、
そんな幼い自分を抱きしめる。

そうした場所を上手に見つけて、自分を解放してあげることが必要なのだ。

空椅子の技法などのカウンセリングにも
そうした効果が認められています。
よかったら、一度、相談にいらしてください。

2016年6月22日水曜日

夫婦の本音とウソ

当カウンセリングルームは女性限定と謳っているので、
基本、男性が見えることはないのだが、
こと夫婦関係の問題で悩んでいる方は別だ。
 
夫婦でいくら話し合っても埒があかないとか、
どんどん迷宮に迷い込んでしまってどうしていいか分からない時など、
思いあまって第三者の意見を聴きたくなるのか、
カウンセラーにアドバイスを求めているのか、
おふたりでいらっしゃることがたまにある。
 
とはいえ、カウンセラーという他人のいる前で、
いきなり、つかみ合いのケンカになったり、
お互いののしりあったりすることにはならない。
 
まずは本音で話すと言うより、相手の心理を考えたり、対面を繕って、
事実だけを話そうとなさる。
 
大きなトラブルがあったケースの場合は、
そのトラブルの経緯は伺うことが出来るのだが、
肝心のそれぞれの心理、しかも本当のところは、
おふたりが一緒のセッションではなかなかでてこないことがほとんどだ。
 
そこで、おひとりずつのセッションをご提案して、
日を改めて、おひとりずつカウンセリングルームに来ていただく。
 
そして、相手のいないところで、
いわゆるぶっちゃけトークをしていただくのだ。
 
夫婦が生活していく上で、まったくウソがない、秘密のないご夫婦が
世の中にどれほどいるだろう。
 
ウソというのは、したことをしていないと言ったりするウソばかりではない。
本心を隠して、フリをするとか、言い回しを変えるというようなことも
ウソと言えばウソになる。
 
そうしたウソは実は必要なのではないかとも思うし、
上手にウソをついてこそ、円滑に夫婦関係が保たれるとも言えるだろう。
 
結構、潔癖すぎる心理は
元他人と一つ屋根の下で暮らすとき、
事を荒立てしまうのだ。
 
人間という感情の動物が、人間関係をうまく営むのは本当に難しいことと
日々感じるが、
その中でも夫婦関係が近くて、重たい関係だからこそ、
一番難しいのではないかと思う今日この頃である。
 
私自身、夫婦関係は難しいと、日々、試行錯誤しているわけだが、
「自分をカウンセリングルームという安心な小部屋でさらけ出してみる」、
すると自分の本心にひょっこり出会えるかもしれない。
 
悩みのド壺にはまったなと感じたら、
カウンセリングルームで吐き出すというのはオススメの一手です。